武庫の郷(さと).1

阪神電車 新在家駅近く
レトロな洋館を見てきました


17110500.jpg
南面の大きな木は桜
春は見事なことでしょう


17110501.jpg
多角形に張り出た窓が特徴的
1階は応接間です
雨樋のデザインにもこだわりが見える


17110502.jpg


甲南漬け(奈良漬)の
高嶋酒類食品株式会社
そこの旧社長宅で
国登録有形文化財に指定されてます

今は甲南漬資料館と言い
140年にわたる奈良漬けの歴史や
みりん造りに関する道具などを展示しています


設計は清水栄二氏
1930年に完成

2階の小窓がいいです
配置にリズムを感じる


17110503.jpg
玄関の大きな半円形の庇
その上にのびる
縦ラインの窓ガラスがシャープ
階段室の明かりとりでしょう


17110504.jpg


西面から見える
階段室3階部分のアーチがおもしろい
窓をつらぬく壁面の横ラインもモダン

アールデコの装飾もあり
とても魅力的でハイカラな建物です

春に神戸の港近くで見た
旧神戸市立生糸検査所
そして
夏 オムライス目当てで行った
御影公会堂

それらの設計は
この洋館と同じ清水栄二氏


17110505.jpg
武庫の郷(さと)とは
阪神淡路大震災で倒壊した甲南漬本店跡地に作られた
コミュニティスペースのこと

この洋館(甲南漬け資料館)と
かまどで炊くご飯が好評なお食事処
そして甲南漬の本店
などがあります


17110506.jpg
玄関ドア前床の
モザイクタイルが素敵ですが
赤色のマットで見えないのが少し残念

昭和初期の洋館らしく
扇型の階段がよいですね


17110507.jpg
今日の日めくり
『成功の秘訣を問うな
なすべき一つ一つに全力をつくせ』 ワナメーカー