七星

201611300.jpg
雑木林に降りつもった枯葉の上で
静かに咲いてる白い花


201611301.jpg
寄ってみた


実際に見たときは
崖の斜面なので近寄れなかったけれど
こうしてみると薄い紫色なのね


ナナホシ2
おっ
ナナホシテントウだ


ナナホシ1 (2)
寄ってみた


キミは
カッコいいのね

ワタシ
正面からの顔がみたい

こっちむいてもらえませんか


ナナホシ3


あっ
羽根広げた

イヤだと
ゆってはります

わるかったわるかった
またね


ナナホシ4
今日の日めくり
『雨ニモマケズ風ニモマケズ』 宮沢賢治

脚力

climbing!


climbing2すずめ


スズメさん
垂直に近い石壁で食事中

この草の実が
好みのようであります


climbing3.jpg


どちらかというと
クライミングが趣味のようにも見える

着々と登ってるし

両足突っ張って
踏ん張ってはります

サスケのよう
すごいなぁ


climbing1.jpg


でも
ほかの子たち
壁の上で
のんびりと
おんなじ草の実ついばんでますよ

まっ
キミにはキミの
こだわりがあるのよね


climbing.jpg
今日の日めくり
『天才ってのは自分を信じることなんだ』
ゴーリキー

手紙

封筒が届いた
差出人は日本野鳥の会だ


1611270.jpg


渾身のイソヒヨドリシリーズ
それが
野鳥の会の誰かの目にとまったのかしら

ウェブで紹介したいって
手紙かもしれないわ

どーしよう ヘタな写真ばかりなのに
ドキドキする


1611271.jpg


でも

そんな心配しなくても
大丈夫なようでした


1611272.jpg


野鳥の本を買ったら
ハガキが付いてたので
応募したこと

すっかり忘れてた

コチラなんです

はい
当選して届きましたよん

アウトドアグローブであります
うれしいっ♪


16112736月21日
今日の日めくり
『水滴石を穿つ』 羅大経

ほんで

この秋 見ごろは
あっちゅうま
でございました


1611280.jpg


このあいだ
オッちゃんが
携帯電話で話してた

もんのすごい
楽しそーだったので
なに話してんのやろーって
ワタシも横で聞いていた


1611281.jpg


ほんでな
ほんでなワシなあぁ

そやからナ
ちゃうねんて

えっ
そやそや おたく 
よろしおますなぁ
ひゃひゃひゃ


オッちゃん
なにがそんなに楽しいの
話の内容は不明だけれど
ワタシも楽しかった

そのあとで
「ほんでな」
関西人以外の方々に
通じるんだろうか?

気になり検索してみたら
出るわ出るわ

「ほんでな ってどういう意味ですか?」

って


1611282.jpg
今日の日めくり
『千日の稽古を鍛とし 万日の稽古を錬とす』
宮本武蔵

4966⑨

6時半前に家を出て
戻ったのは9時ごろ

関西に木枯らし一号が吹いた
とても寒い日だったけれど
でも
ワタシはとても楽しかった


201611253.jpg
スズメが起きてきましたね
おはよう♪


201611254.jpg


磯鵯ジュニアも
いつもと同じ場所にいます

さあ
2時間半の散歩
万歩計は五桁になっただろうか


201611250.jpg


4966歩って
なにぃ~!
そんなはずはないだろう

まっ
ほとんど座り込んでイノシシの掘り返し撮ったり
海を眺めてたから 時間の割に歩いてないのかも

あっ
時刻が合ってないワ
でも説明書捨てたので
合わせ方わかりませんぬ・・・

さて
彼は起きてきたかな


201611252.jpg
ぐっすり寝てはります
熟睡中なので鼻も渇いてます

これって
そーとー寄って撮ってますが気づきません

どこからか
持ち帰った枯葉がついてる
鼻の穴からの寝息で枯葉が動く

なんて愛おしいのだろうねぇ

おおっと
起きてきましたよぅ


201611251.jpg
今日の日めくり
『時間がそれを軽減し和らげてくれないような悲しみは一つもない』
キケロ

4966⑧

赤い実に
ハッと立ち止まる
201611240.jpg


こちは
ツル科のようであります
表現のむずかしい色合い

しぶめの抹茶色
茄子紺色

とても
美しいと思う


201611241.jpg


秋はいい
空が青いし空気が美味しいし

雑木林の中で
柿が実っていた
でも
ここのは野鳥たちに人気薄

ワタシは渋柿だと思い込んでいる


201611242.jpg


この花は
外来種だそうで
あまり歓迎されてないらしい

とても強く
アスファルト突き破り
ぐんぐん大きくなって
たくさんの小さな藤色の花が咲く

でも

そのたくましさに
私は心惹かれるのだ


201611243.jpg


スズメさんたちに
大人気だったヨモギの実も紅葉

素朴さがいいです

しかし

わきが甘いですね
ビシっと締めて撮りましょうよ

まったく


201611244.jpg
今日の日めくり
『千里の道も一歩より起こる』 老子より

4966⑦

折れたビニール傘
そばに木の実あり


201611230.jpg


見あげたら
空を覆う大きな木

常緑樹なのかな

キミは黄葉しないの


201611231.jpg


たくさん
落ちてます

創造力が刺激される
おもしろいかたち

砂利っぽい地面だから
埋まらないよね
でも
年が明けて春に発芽してるかも


そう思うと
ワタシは
とてもしあわせになる


201611232.jpg


そのそばに
これまた愛想なしの建物

そして
拒絶的な入り口


201611233.jpg


統合バイオリファイナリーセンター
って

何を研究しているのだろう


201611235.jpg


バイオだからバイオだよね
ファイナリーに「リ」がついてるから・・・
などと
あれこれ想像してみる


うん?
文部科学省ってなに

すごい場所なのね
ここ


201611234.jpg
今日の日めくり
『真の勇気というものは極度の臆病と
向こう見ずの中間にある』 セルバンデス

4966⑥

この外壁は
好みだ


201611220.jpg


大きな木に
みどりや黒の実がついていた

木のベンチがよいです
ここに座って本を読みたいと思った


201611221.jpg
コンクリート打ちっぱなしの建物
壁に張り紙あり

ウチの近所では
よくみかけるが大学内では初めてだ

食べ物をあげる人の気持ち
理解できないわけではないけれど
それでもネコは
ワンと違って食べ残しをすることが多い
それは やはり不衛生だ

このあたりはイノシシも多いし
大学敷地そばに住宅街もある
いろんな声があがったのだろうか

ただ
工学部だし 夜遅くまで
研究に向かい合ってる方々や学生

精神的に疲れることもあるはず
そんなとき
ネコちゃんたちの存在に
救われている人もいるかもしれない


でも
いろいろな問題があって
この紙を貼ったのだと思う


201611223.jpg


いかにも工学部
そんな建物のならぶ一角に
石の灯篭あり

新鮮♪

おっとーぅ
そんな狙いをもって
ここに設えたのかと思ったが
苔が付いてる

何十年も前からここで
学生たちを見守ってるのね

灯かり窓横の彫りものは
ウサギさんです


201611224.jpg
このオレンジ色と
水色はなんだ


寄ってみた

水?

これは蓋で
あけると水栓があるのだろうか

矢印が気になる
こっちから開けてくださいね
ってことなのだろうか

今度 行って確かめたい


201611225.jpg
今日の日めくり
『至誠天に通ず』 内田魯庵

小雪

僕は元気です


1611224.jpg


ジジっぽい顔に撮った
カアちゃんには文句ゆっときます

趣味のよろしくない服着てますが
カアちゃんも元気です


1611222.jpg


顔の長さを強調して撮る
カアちゃんのセンスは
どーかと思います


1611223.jpg


まっ
背中にほどよく陽もあたって
気持ちもいいし

カアちゃんは山を見て
ニコニコ笑顔でしあわせそうだから

僕もうれしいです


1611220.jpg


今日の日めくりは二十四節気
『寒気つのり雨凍って雪となる意味で小雪と言う。
この頃より風も寒冷の気を運ぶ』

4966⑤

樅ベビー
元気にしてるだろうか


201611210.jpg


1月にカメラ買って
試験の準備でザワザワしてる
大学構内を撮りまわった

うれしくてたまらなかった
あの日

そして
師走が向こうに見えてる今

月日の流れは早い


201611211.jpg


こちらも
イノシシが食べ物を探しに来たようす

あのときの
樅ベビーかどうかは不明だけど
子供の木が
鼻先で飛ばされていた


201611212.jpg


手で土を集め
まわりを固めてあげよう
そう思ったけれど

木から落ち
自然に芽を出した子

だから
雨水の力で根付くことを願い
自然にまかせてあとにした


201611213.jpg


農学部や工学部って
個性的な人が多いからかどうか

座り込んで
地面にカメラ向けていても
不思議がられない

だから ここが好き


201611214.jpg
寄ってみた

この実が落ち
芽が出る確率ってどれくらいなのだろう


蜜蠟のようなのが
たくさんついてる

おもしろい
楽しい♪


201611215.jpg
今日の日めくり
『鶏口と為るも午後と為るなかれ』
司馬遷