晦日鍋

きくらげ


ウミウシさんでらっしゃいますか
それともキクラゲさんですか

ちがいます
キノコではありますが
わたくしは椎茸と申します


きくらげ1


いただき物の特大しいたけを記念撮影
しかし
いかにデカいかがよくわからない
そこで6年選手のipodを横においてみる
ハンドボールとバレーボールの中間
それくらいの大きさ

肉厚で食べごたえがあり この大きさなのに大味ではなく
食欲を刺激するいい香りがしてお鍋の主役となりました
感謝であります


何か


なんですか
その不満そうな顔
キミも食べたんよ ゆっとくけど


今日の日めくり
『鉄は熱いうちに打て』 プラウトゥス

松翠

大学があるから緑が多いのか
緑が多いからここに大学があるのか


29日


学生が多い街が好きだ

このあたりは大学の敷地のなかに住宅や社宅が点在
そんなイメージがある
京都の町も北にいくとおなじような雰囲気を感じる

何年前からここに大学があるのか知らないけれど
広大な敷地なんだと思う
緑が多いといえば元気松は元気にしているのだろうか


29日1


ススキや草たちに囲まれ
すくすく育っているようであります
何よりも色がいい 青々してる


使う3


幹線道路沿いの松は茶色になってる
この夏はきれいな緑色だったのに かなしい

 
使う2


この子もそう
松葉はきれいな翠色 でも幹が枯れている


使う4
「ひょうご元気松」を応援しよう
これからも見守っていこう


今日の日めくり
『欠点は常に裏から見た長所である』 徳富蘆花

二人静5

28日


まだ帰らないの?
めずらしいいねキミ
気に入ったくれたのは良かった
でも そろそろ学生さんたちがやってくるよ
それにワタシお腹すいてきた


28日1


彼と一緒にデッキを走った
よろこぶ姿がうれしくて
さすがに息が上がってる ゼーハーゼーハー苦しい
日ごろの運動不足を実感し反省もした

しかし
家に帰るためには
この長い階段を降りなければいけない

ワタシは疲れている だから
手すりを持ちつつ安全におりたいところ
でも
ミニチュアの基準超え体重の彼を
ひょいっと片手に そんな腕力ワタシにはない
両手でしっかりと抱きかかえ
一緒に走ってしまったことを少々後悔しながら
そろりそろり雪道を踏みしめるようにして降りた

汗びっしょりになっていた

家に戻り 写真をアップして初めて気づいた
あのシースルーは
もしかしてエレヴェーターではないだろうか


28日2
ショックが大きい


今日の日めくり
『女を美しくするものは
方正な品行であり高価な飾り物ではない』 メナンドロス

二人静4

すぐ横は幹線道路
観光地をめざす車がビュンビュン


27日


さいきん外国人の観光客がそーとー増えた
すぐそばにあるのに一度も行ったことがないワタシ
これからも行かないような気がする

なぜだろう うーん
人間でありながら人間の多い場所がイヤなのだ


27日1


「ま」もワタシも静かなことを好む

初めての場所のはずなのに
彼が臭いチェックに集中できるのは
この場所にワタシ以外の人間が
いないからだと思う

街は少し動き始めたところ
人の声は聞こえない
車が走り抜ける音と鳥たちのさえずり
そして風に揺れる葉のサワサワサワ


27日3


黄葉がきれいだね そろそろ帰ろか
今日は楽しかった 彼が喜んでくれたし
ほんと大学に感謝でございます

もし将来ワタクシがお金持ちになったなら
大学に寄付することを約束します
その時にそのお金の一部で
クローバー畑をつくってくださいって云おう

ワンも人間も
みんながしあわせな時間を過ごせますように


今日の日めくり
『度を過ごしたことは長くは続かない』 マルティアリス

本日は
腰カイロとガスストーブに
ご登場いただきました

二人静3

ジュースの自動販売機
そこを素通りして家に帰ろうとする「ま」


26日


車が通らないとこだからと安心して
きれいな秋の空を撮ろうと立ち止まった
どうもそれが気にくわないらしい

僕と一緒の時は写真は撮らないようにするって
あれはウソですか?
そう責められてるような気がする

ヤツは根に持つタイプだ
なんとかしなければ

でも
機嫌が悪いはずなのに家とは別の方へ行こうとする
そこに自動販売機あり これ幸いと購入し二人で分け合う

さあ帰ろかと歩きはじめたなら目の前に階段がある
ここは一度も上がったことない場所
腰に気合いを入れ ヤツを抱いてのぼった


26日1


こんな広いデッキになっていたのね
それも木製床だから彼もなんとなくうれしそう
ほかに誰もいないからリードを放した
クンクンクン探検開始


26日2


興味津々
でもキミ階段はのぼれないんですよ


26日3


離れたところにいるワタシに気づいて走ってきた
こんなうれしそうな顔した「ま」久しぶりだ
口開けて駆けるワンコらしい姿
うれしくて泣きそうになる

紀伊半島を見つめる横顔
キリリとしていて活力にあふれている

君は猟犬なんだよ


26日4


今日の日めくり
『競争心は才能の糧であり羨望は心の毒である』 ヴォルテール

二人静2

25日


左足の力強い蹴りがすばらしい
めざすは自動販売機なり

ねえイチョウの黄色が美しいよお
東の空も明けてきて美しいと思わない
ねえ


25日1


そんなこと どーでもいいから
120円用意してくださいよ


25日2
今日の日めくり
『美徳は栄光への近道である』 ヘラクレイトス

二人静1

イチョウの黄色 桜の赤い葉
ハラハラ舞い落ちてくる


24日1


誰もいない ふたりきりだ
静かな大学構内

24日2


そういえば40年ぐらい前
近くで大学祭があるからと友人と出かけた
どちらかというと地味な私立の工大だ
そこへ超メジャーになる前の
サザンオールスターズがきてた
なつかしい
ふと 思い出した

たしか先週の休みの日
夕方にベースの振動がズンズンひびいてた
ここでコンサートがあったんじゃないかな


24日3


坂の下りは早歩きと決めてる「ま」
待ってくれ~い


今日の日めくり
『すべてを納得すれば心はきわめて寛大になる』 スタール夫人

小雪

勤労感謝の日
どんなに多忙の極みでも
仕事はしないと決めている


23日


約一ヶ月ぶりの大学散歩
6時前だが薄暗い
お散歩バッグに留めてあるライトを点灯
でもほんのり
東の空にピンク色


23日2


さっき少し不審なうごきあり
アンタ
いのししの「大」かじったんじゃないの?
目をそらしたな
ますます怪しい


23日1


今日の日めくりは二十四節気
『寒気つのり雨凍って雪となる意味で小雪と言う。
この頃より風も寒冷の気を運ぶ』 

一日千冬

先端医療・科学・技術
それらが集まる人工島のむこうに紀伊半島
紀伊半島
                                一眼レフカメラ欲しいなあ


11月って もっと寒かったはずだ
この秋は雨が多い それも湿度が高い
冷たい雨ではないから調子がくるうのだ
冬が待ち遠しい

早く来ないかなあと
寒さにそなえて準備したものの
出番がない方々


冬1
                                      腰の守り神さん


予防
                              羽毛部屋履さんもお休み中


今日の日めくり
『終わりを重視せよ』 ソロン

十日夜

ベスト1


白目で眠るのは
ワンすべてに共通することなのだろうか?
知りたいなあ


弁当4


ドライアイにならないのだろうか
気になるなあ


夜明け1


本日は
とおかんや

旧暦か陰暦かワタシには自信がないのだけれど
10月10日と日めくりに印刷してある

ウィキさんによりますと
稲刈り後の神様に感謝する事だそうです
お米の産地ではいろいろな行事があるのかもしれない


今日の日めくり
『果断の人に気がかりはない』 G・ハーバート