工学部3

初めて出会うワンに緊張する「ま」
イヒヒヒ 楽しいなあ

いつもと違う道を歩くって
こんなにも新鮮なのね

大学12   
                           山の緑がきれいのにボケて残念
                               

楽しいけれど
ワタシもヤツも疲れてのどカラカラだ
しかし いつもの自動販売機は遠い

大学内のコンビニエンスストアーがあった
でも早朝だし日曜だし開いてない

ゼーハー言い出したしワタシもヘロヘロだ
あらたな道で景色もよく写真を撮りたいとチラっと思ったが
お互い頭の中は「のど渇いた!!」

なんとか馬場の近くまで戻ってジュースブレイク
いつもはボッタクリとか言ってる120円をありがたく思った
あやまります ごめんなさい

家に戻りヤツはごはんワタシはコーヒー
お互いにくつろいだころ万歩計チェック
あんなに歩いたのに


まあ5


今日の日めくり
『幸福になるための大きな障害は大きすぎる幸福を期待することだ』 フォントネル

工学部2

ワタシもはじめて歩く道
興味津々


大学11


彼が「大を1本」すると決めてる月見草
そこから見えてた窓の明かり

その工学部建物群の中を歩いている
震災のあとの耐震工事を数年前に終えたはず
新しい壁のタイルがいかにも学び舎って感じでいいなあ

へえー
工学部だけでこんなにたくさん学舎があるんだ

ずっと住んでて
ずっと毎週のように散歩してて知らなかった

いやちがうな
知ってたけれど行動に移さなかっただけだ

理由はわからないけれど
リードをグイグイ引っ張らんばかりに力強く歩く彼に
ワタシは導かれ世界が広がった
他の学部も歩いてみてみたい
そんな あらたな楽しみができた

ありがとう「ま」


今日の日めくり
『人は従うことによってしか自然を支配することができない』 ベーコン


本日は天赦で一粒万倍日
最上の吉日だそうです

工学部1

大安で今宵は満月
さあ楽しく仕事してくるかっ


大学8


きのうの大学散歩
馬場では吠えてしまうから抱いていた
しかし 激しく抵抗しだした

下ろせー!!!

早く帰りたいのだろう
わかりましたよ

肉球が地面をとらえるとすぐ
家の方向とは反対の奥へ奥へと歩き出した

ありり
どうしたんだろ
風が気持ちいいからかなあ


大学10


理由を知りたい
キミが自主的に新しい道を歩くのは
めったにない
いや ほとんどない

教えて
何が気になるの?


今日の日めくり
『初めからやってみようとしないかやり遂げるか いずれかだ』 オウィディウス

夜明け前

木曽路はすべて山の中である
島崎藤村


大学1


30年以上前のこと
アンアン ノンノ クロワッサンか
どれか忘れたけれど
雑誌の企画に心躍った若いワタシは
ひとり旅をした

ありがたいことに
自他ともに認める雨女
100%に近い確率で傘が必要となる

木曽は雨が似合う しっとりとしたところだった
そして ほんとうに山の中だった


大学6


小学・中学の国語の授業で知った作家
夏目さんや
芥川さん
志賀さんなど

ポピュラーな方々の本が読みたくなった
バーチャルではない紙の本がいい


まあ2


友人たちはみな
阪急梅田駅の紀伊国屋派だ
でもワタシは
旭屋書店が大好きだった

そうだ
本屋さんへ行こう
本を読みたいっ!


今日の日めくり
『自ら実行し得ることは決して他人の手を煩わすな』 モンテスキュー

脱鎮痛剤

頭痛の字を入力するとき迷う
づつう
ずつう
今もDUTUUってしたばかりだ


か


会社では仕事に支障をきたさないよう
頭痛信号で痛み止めを飲む
だから速攻でやっつけられる

就寝時の場合は頭痛信号で目覚めても
信号より眠気のほうが勝ってるので二度寝してしまう

そのあいだに頭蓋骨全体は痛みのMAXとなってる
こうなると薬の効きは遅く、効かない時もある
そして一日中鈍痛に苦しむこととなる


蒼10


まあ眼精疲労と肩こりだろう
職種上PCに向かう時間が長いのはしょうがない
しかし原因の大半は
ボロボロの事務机と安物の事務椅子にあるとワタシは考える
そのうえPC自体が安物でマウスもキーボードもびっくりするぐらいチャチだし
中途半端な自社ソフトとシステム構成の甘さによるフリーズの頻発
諸悪の元凶はそこにある

いかんいかん
また血が昇ってきた

そこで
できるだけ薬にたよらない方法
頭痛を起きにくくする生活習慣の改善などを試行錯誤することにした


か3


こどものころ親が愛用してたのを思い出した
たしかあれは4球タイプであったが
予算の関係上2球を購入

肩甲骨のツボに はめるのにコツがいる
でも入ったなら重くドス黒い雲が切れ晴天となる
天高くどこまでも青い秋の空だ


か2


そして
何よりも適度な運動が心身によい

すごしやすくなり
「ま」も歩いてくれるようになったから万歩計を購入
成果が数字となって見えるとやる気も上がるというものだ


大学9


一日一万歩って
道のりは遠いような・・・気がする


今日の日めくり
『空気と光と友人の愛 これだけ残っていれば気を落とすことはない』 ゲーテ

二十八宿 鬼「キ」
大吉日にて何事にもよし。


蒼2 (2)
このブルーベリー色の実
花も咲くんだ


蒼3 (2)
お盆休みのころから咲いてた小花
実をつけたのねえ えらいなあ


蒼9
名前を教えていただいた野ぶどう
マスカットからターコイズ石となり


蒼1

蒼5
葉が少し黄色くなって茎が赤くなると
9月の誕生石ラピスラズリと貝紫色

実りの秋って
柿とか栗など私たちが食べるもの
それだけではないんだと実感した

これらの実を鳥やイノシシが食べ
春になりフンの栄養で芽を出すかもしれない

実りって
いい言葉だなあ


今日の日めくり
『後悔は自分が自分に下した判決である』 メナンドロス

日常5

三日月にて寝てはります
イカ墨のクロワッサン


木


ベランダからソッっと「ま」を見ると
ベッドで丸くなっておやすみ中
2005年5月10日
木1


1歳2か月
あらゆる物を破壊していたころ
このベッドも数日後にはボロボロとなった

ワタシはこの画が好きだ

その場ですぐにペンをとらず
しばらくたってから
脳裏の画像をチラシの裏にボールペンで描く
下書きはしない

この子との日々を
ワタシの脳みそのシワにしっかりときざもう
そう思っていたから


木2
                            左を下にして寝るのがいいようで


今日の日めくり
『現在から未来は生まれ落ちる』 ヴォルテール

秋分

「ひょうご元気松」チェック
元気な草たちにおおわれて確認不可
でもチラっと見えた松葉は抹茶色
へへへ元気そうだ 安心


水2


すぐ横に
幹も葉も青々とした若い松の木がある
不思議だなあ
毎週のように見てたはずなのに気づかなかった

あの苗木の元気松が
これくらいの大きさになるのに何年かかるのだろう
20年くらい いやもっとかな
そのころの日本が平和な国であってほしい


水


ジュースも飲んだことだし
いつもと違うコースを歩いてみよう

学生会館の前に大きなイチョウの木がある
10月末頃には黄金にかがやく
今年はぜひ携帯電話カメラにおさめたい

馬場までくると
「ま」の口と鼻先がゆがんできた
吠える準備をしているのだ


水1


やっぱし吠えたか
お馬さんごめんなさい


今日の日めくりは二十四節気
『太陽黄経180度、昼夜等分に分けられる日で秋分と言う。
またこの日は秋の彼岸の中日となる。』

復活

四つ葉さ~~~ん
おげんきでしたかあ
どんだけお会いしたかったことか(涙)


月1


どんなときも前向き
それが私らしいワタシだ

おのれを信じて生きてきた

しかし この数ヶ月は
妖怪たちの吐き出す毒にやられ
ワタシは正直ヨレヨレ

でも
あなたのおかげでリセットできそうです


月2
ジュースなんでくれへんの
ボクは一歩も動きませんよ


君の強い意志は尊重しよう
ねえ見て見て
ほら イチョウがこんなにきれいのよ


月3


ありりり 銀杏の実だ
このイチョウの木
ある年からぜんぜん銀杏ができなくなった
そう5年くらい前だろうか
なぜ どうして今年になって?
それも1個だけが実ってる

なんだか
泣きそうになってきた

しんどいことが両肩にのっかっていて
職場に向かうのが苦痛でしょうがなかった最近

四つ葉さんと銀杏さんのおかげで
私らしいワタシを取り戻せそうな気がする
感謝の気持ちでいっぱい


月4


今日の日めくり
『時は偉大なる主で多くのことを正しく裁く』 コルネーユ

緑力

日1


先週と同じ場所
ちがうのは散髪したてのすっきりボディ

ジュースを飲むとすぐ帰ろうとする
だから今回は
先にクローバー畑をめざすことに

ワタシのたくらみが読めたのだろう
思いっきり不満顔であります


日2


一つ葉さんたち
お元気ですか


日3


あらっ
二つ葉さんもおそろいで


日5


ああ
肩の力が抜けていく
心の体温が下がっていたのだと思う
休むことは大事だなあ


今日の日めくり
『誰もが自分の意見をたっぷり持っている』 ラブレー