海の結晶

あまりにも美味なので
鰹のたたきは3回に分け10切ずつ食することにした

なぜか
黒ビールが家にある
きれいに泡立つステンレスタンブラーもある
昼2本夜2本で1400ml

刺身もビールもおいしすぎた
かつおと一緒に同封されてたきた塩が絶品だった
そのうまみがなんともいえない まろやかで
ビールのすすむことといったら おホホ


すみれいろ
アスファルト横のうすい砂の上で咲くキミはえらいねえ


えらいなあ
キミもえらいなあ 水の流れない側溝でこんなに大きくなって 


塩2
結晶の塩 この味わい深さは素晴らしい
スバラシすぎて飲みすぎてしまう
だからお料理に活躍してもらおう

よしっ ビールは一日一缶までと決めた
明日から


初鰹

高知の友人から「クール便」が届いた
カツオのたたきだった

「飲みすぎないように」  メッセージもあり
ストイックであることを重んじるワタシに何言ってんのかと思う


かつおの


いくらぐらいするモノかしらと
サイトで価格チェックする この品性の無さ

ひえーっ 1本3,500円

カツオのたたきは大好きなほうではない
ちょうど数週間前にお買い得の文字にひかれスーパーで買ったが
下に敷いてる大根のケンが赤く染まり生臭いことこの上ない
だから煮物にして食べた

その記憶がまだしっかりと残っているのでうれしくは思わなかった
うれしくはないが
値段を知ったので気持ちが大きく変わった


かつおのた


添付のパンフレットに1センチ幅に切るようにとあった
でも8ミリに切った
30切れの刺身の出来上がり 一切れ約117円
毎朝コンビニエンスストアーで買う昼食用おにぎりは108円だ

こんな贅沢許されるのかしら


みかげ石2

この子たちはどうやって命をつないでいるのだろう
水だって・・・雨がいつ降るのかわからないのに


えらいなあ4
ワタシはこの子が好きだ
桜貝のような淡い色のなかの藍色のアクセントが粋だ


えらいなあ2
露草の紫色は日本の色だなあと思う
茄子紺よりやさしく藤色より個性がはっきりして
よく似た色の着物がある 
単衣ではないから今の時期には暑いかも でも久しぶりに着てみようかな


野の花の楚々とした美くしさ それを画面にあらわしたい
うーん 一眼レフカメラが欲しーーーっ
でも PC買い換えたから当分は無理だ

給料アップを望むほうがもっと無理なので
ひたすら節約して い・つ・か・は!

それまで携帯電話(スマートフォンではない)カメラでがんばろう

えらいね2

四つ葉のシーズンもおわり
でも この日も
たくさんの出会いがあった


よつば9
手裏剣のような模様だわ

もう50年近く前かなあ~
忍者もののドラマがあって
カッコいい「赤影」のファンだった


よつば8
白ラインの丸みがやさしい
この模様には何らかの意味があるのだろう
ワタシは知りたい


よ2枚です
2つ葉の子もいました
携帯電話カメラではこれが限界
だから
ペイントの青でふちどることに

訪問してくださった方のブログへお邪魔してみた
その写真のなんと美しいこと!
奥行きと透明感があって・・・

一眼レフカメラへの想いは募るばかり

猫なんですボク

パピーのころ
「ま」はフレンドリーで有名だった
ちぎれんばかりに尻尾を振るもんだから
初めてお会した方が「写真撮ってもいいですか?」

しかし
3歳か4歳過ぎたぐらいからだろうか
ワンコ嫌いを前面に出すようになった
吠えたり唸ったりはしない
スルっと身をかわし背を向ける


背中


散歩で出会うワンコたちみんな
あいさつしましょうよと寄ってきてくれる
なのにヤツは眉をひそめ迷惑顔100%
「あっち行ってもらえます?」
不機嫌オーラを発散している

ワタシは申し訳なくって
「ごめんなさい この子だれに対してもこんな感じで・・・」
「誰々ちゃんのことが嫌いじゃないんですよ ただ愛想が無いだけで」
しどろもどろ


背中が
そうやって背中むけるのって 態度よろしくないとワタシは思うんだけど


みかげ石1

花崗岩ともいうはず 白も黒も赤もみんな美しい
キラキラした雲母が子供の頃から好き

このあたりは坂が多い
だから住宅の土台には御影石が多く使われている
建物をとり壊し売る場合にも土台はそのまま
何十年、もしかしたら一世紀を経たのもあるかもしれない

苔が生えていい顔をした石の崖が散歩コースにある
なんとうまく組み合わせているのかと思う
その石の隙間に植物が花をつける


えらいなあ1
垂直のすきま幅は1センチもないのに
ハッとするほど鮮やかな黄色い花が咲く


えらいなあ3
ななめ同士が接する水と土の集まるところには
露草 ツタ科の葉 蔓性の淡いピンクの小花たち


強くて美しいあなたたちに
心惹かれる


堕落

休みの昼ビール♪
それが楽しくて毎日の仕事を頑張ってるような気がする

いつもより長い時間の散歩をして
洗濯など片付けを終え
ゆったりとした気分で飲む休日のおたのしみ 最高だと思う

仕事では不愉快なことの方が多い
でも 週に1回の「昼ビール」でリセットができる

しかし
「昼前ビール」になりつつあるここ最近
いかんいかん

5時起きだし おなか空くから昼まで待てない
だってワタシ思いっきり働いてるし

などと
いいわけをして正当化する


五葉
おっ!よく見たらキミ5枚あるよ   誰かワタシを取材してくれないかしら


えらいね1

予報では雨がふるらしいから早めに散歩に行こう
泣き出しそうな空だ
大学の8兄弟たちは元気にしているだろうか

シロツメ草の花が枯れている
四つ葉のシーズンもおわりなのかな

指でふれながら
よくがんばったね また来年会いましょう

声をかけてたならワタシを呼ぶ声が聞こえた


よつば7
ここよ ここですよ
シロツメ草のあいだを見て
葉の先は茶色くなってるけどワタシ四つ葉なの


よつば10
こっちも見てくれる?
まわりは枯れてるけどワタシちがう
この青々とした大きな葉が自慢なの


植物たちはえらいと思う
この凛とした強さ ワタシも見習いたい


猫はどこ
キミは 猫ちゃんひとすじだね
お待たせしました
いっしょにさがしましょうか


想いは叶う

大きいほうをしている途中
ブツをぶら下げたまま走りだそうとする「ま」

前方に猫ちゃんがいた

オヤツで落ち着かせてから猛烈ダッシュに付き合ったが
心臓がバクバクしたので途中ストップ

野で育った子だろうか身をひるがえし
豹のごとく低い姿勢で走り去った
なんとしなやかなこと

久しぶりに会えたのがうれしいのだろう
めったにみせない機嫌のいい顔をしている


ままま
ふだんはこんな感じですけど

グーグルさん

気になってはいたが 
まだ始めたばかりだし・・・
10年早いよね・・・と尻込んでいた

検索エンジン設定のこと
しかし誕生日の日に思いきってトライした


よんば
もんのすごい時間がかかった
メタラグってなんですの!?
画面に向かい何回もツッコミを入れつつなんとか完了した

しばらくして あることを検索するため立ち上げた
画面の真ん中 グーグルさんの英文字タイトルの場所に
バースディケーキの画があった

有名な作曲家かどこかの偉い人とワタシ
同じ誕生日なのね
カーソルをもっていくと私へのメッセージがあらわれた

おどろきと緊張で意味もなく後ろを向き
キョロキョロと探してしまった