十五夜お月さん

今日は
十五夜で
福島日本松提灯祭(6日まで)
京都北野ずいき祭(5日まで)
いわしの日 でもあります


17100400.jpg
十五夜って
実は満月じゃないんです
ワタシはそれを知らなくて
あっそうなのねと新鮮におどろきました


17100401.jpg
きれいなピンクの朝焼け

ピンクと言えば
最近ピンク色の目薬がお気に入り

ビタミン12入りので
点すと目の緊張がフニャ~ってとれるよな
そんな気がして愛用中

その眼薬
残り少なくなると容器の中の空気が多くなるからか
ドボドボって目に落ち急速に減ってゆく

このあいだ
最後の数滴ぐらいになったときのこと
なっかなか 落ちてこない
右目一滴 そして 左目の分が落ちてこないのだ
きっと 
最後の一滴なんだと思う
持つ手がプルプルしてきた

上むいて開けてる
お口めがけて
大事な最後の一滴が
落ちた~

なにやってんだろう
ドっと疲れてしまって(笑)

そんな
しょーもない話・・・

でも
眼薬点すときって
みんな口開けますよね~


17100402.jpg
※仕事上の都合により
不定期更新になります~


今日の日めくり
『時の経つのが速いと思うのは
人生というものがわかってきたからだ』 ギッシング


たしかに
時が経つのは速いと思う
けれど
人生は未だわからずの未熟者でござい

赤い観覧車

仕事で梅田に来た

JR大阪駅から
南東へ歩いて10分の
場所にいる


17092000.jpg


観覧車が見える
なつかしい

と 言っても
まだ乗ったことはない


久しぶりの大阪に
心が明るくなってくる

私は
若いころのことを思い出していた
あのころ 夏と冬の
阪急ファイブ「一番星バーゲン」が楽しみで

友人たちと
おそろいのTシャツ色違いで買って それ着て 
東通り商店街のお店で宴会~~


学生時代は
たのしかった・・・よね


17092001.jpg
今日の日めくり
『一日延ばしは時の盗人である』 上田敏

原酒

1709170.jpg
8月に酒蔵めぐりした
白鶴さんのおみやげ


1709171.jpg
蔵酒!
フレッシュな原酒を守るべく 
しっかりとした ぶ厚い箱に入ってます


1709172.jpg
資料館のパンフレット
読めないのに英語版も

日本酒は
「Sake」で通用するのですね~


1709173.jpg


原酒 「蔵酒」は
白い陶製のような容器です
やはり
フレッシュな原酒を守るためなのでしょうが
これが・・・重くて

8月 猛暑日の中
容器の中身と同じくらいの量の
汗をかいて持ち帰りました


1709174.jpg
芳醇でキレのある味わい

まさしくピッタリ
辛くちのガツンとした飲みくちと
アルコール分17度の
深みある飲みごたえ

キレとまろやかさの
融合と言いましょうか

とにかく 冷酒が美味しくて 
アッというまに
飲んでしまいました~


1709175.jpg
今日の日めくり
『人が天から心を授かっているのは愛するためである』
ボワロー

ぐずぐず

バブル時代に無駄使いした
ある「モノ」を持っている


1708120.jpg


それは美術品だ

ああぁ(赤面)
文字を打ちながら恥ずかしくなってきた

その当時
素晴らしい作品だと思った
でも、今は趣味・趣向が変わったのか
なぜ
買ったのだろうって思っている(恥)

きっと当時は
泡に浮かれ感覚がマヒしてたんだろう


1708121.jpg


ある日
それを手放そうと思い立ち
運ぶには重すぎるので
画廊に図録を持ち見積もってもらうことに

「いい物ですが個性的過ぎるので
売買は むずかしいですね」
と画商は言う


「ヤフオクに
出品してみたらいかがですか?」
と画商は言う

それが
6年前のこと


1708122.jpg


オークションって未知の世界
そこで買ったこともなければ
出品のやり方も知らない

美術品だし
梱包どうすればいいのだろう
だれか買ってくれたとしても
キチンと入金してくれるのかなぁ

身内にも友人にも
オークション経験者がいないし・・・

こーやって
6年以上 グズグズしている


1708123.jpg


今日の日めくり
『明るい性格は財産よりもっと尊い』 
カーネギー

電子書籍

夕方の空に虹

道路はぬれてないのに
不思議だなぁ


1708020.jpg


このあいだから
本を読んでいる

単行本でも文庫本でもない
PC画面で


1708021.jpg


ちょっと前から
電車やバス内で
スマートフォンよりも大きめの画面に
文字がたてに並んでるのが
ずっと気になっていた


字が大きくて
読みやすそーだなぁ

って


1708022.jpg



ワタシもやってみたい!

そこで
PC画面で試し読みしたら
一文字が6ミリ角ぐらいで目がらくちん♪

これはいいワ

数冊購入


1708023.jpg


今は
中島らも さんの
「恋は底ぢから」

若いころに読んだよーな気もするが
この年齢になって読むのもまた楽し


・小さな小さな家

クリスマスツリーの飾りの
おもちゃの小さな家の話が好きで
何度も何度も読み返している


子供のころ
らもさんと同じように
ツリー飾りの小さな家の中をのぞき込み
自分の世界に浸っていた


らもさん
今の私よりも若かったのに
今は空の上にいる

さびしい


1708024.jpg


今日の日めくり
『苦悩を突き抜けて歓喜にいたれ』 ベートーベン