針槐

GWのころ
さわやかな甘い香りに誘われて
見に行ってきました


1705240.jpg


神戸は日本でも有数の
アカシア蜂蜜の産地とか

ここの木は
幹にとげがあるので
ニセアカシアという名の
別名が針槐(はりえんじゅ)
と思います


1705241.jpg


その蜜をねらって
花を見上げる私の耳そばを
ブーンブーン


1705245.jpg
ソートー
大きな子


1705246.jpg


花に近寄ると
この子が臨戦態勢に入るので
近づきすぎないよう
距離をたもちつつ

緊張感たっぷりの撮影です


1705242.jpg


「アカシアの季節になりましたね」

写真を撮ってると
話しかけられることが多い

ちょっとした立ち話が
私はうれしい


1705244.jpg
山の藤も
咲いていた


「山の藤はね
生命力が強いから、最近は
アカシアの花が減ってきたのよ」

山の藤は強い
って聞いたことがあるので
そう言われて あらためて見てみた
たしかに 去年より
紫色の勢力が強くなってるような気が


1705243.jpg


この白い花が咲くころ
私は台所で歌う

♪アカシアの雨にうたれて
このまま死んでしまいたい~

子供のころ 親が
食器を片付けながら口ずさんでいたから
私の脳みそに刷り込まれている

さっき 西田佐知子さんのこの曲を
itunesストアーで聴いてみた
この歌詞のもつ廃頽的というのか
刹那的・退廃的なところに
あの時代の若い人たちは
どう 感じたのだろうか

「冷たくなった私を見つけて
あの人は
涙を流してくれるでしょうか」

この ふたりのあいだに
何があったのだろう

私は
口ずさみながら想う


1705247.jpg
さて
この黒っぽい
丸い かたまりは


1705248.jpg


コゲラなんです
なんとか
背中だけ(汗)

シマがなければ
何かわからないとこだった・・・


1705249.jpg


今日の日めくり
『人にされたいと思うようなことを人にすべきだ』 
新約聖書

窓辺

鼻水アート
です


1705230.jpg


撮る数日前に
サッシ窓の拭きそうじ
したところでございますぅ(汗)

まっ
鼻が濡れてて
元気でいいことだわ
って思いましょう♪


1705231.jpg
その日の気分と気温で
レースカーテンのむこうにすわります

この感じだと
あらたな鼻水アートを作成中かと


1705232.jpg


朝一番と夕方
彼はここにいます


カーテンのふくらみからして
彼はおすわりして
空を見上げているのだと思う

私が近づいても
最近は気づかないことが多いので
彼が
何を見ているのかを
そばで見ていた

シュっと空を切るツバメ
ヘリコプターや
離発着する飛行機に
興味があるようだった


1705233.jpg
私が
見ていることに気づくと
なぜか機嫌が悪くなります

・・・


1705234_201705221429509f2.jpg


私の
大事な子


彼は
ひとりの時間を好むタイプなので
邪魔しないよう
そっと
見守っていましょう


1705237.jpg


今日の日めくり
『青春とは人生のある時期ではなく
心の持ち方を言う』 サミュエル・ウルマン

鳩さん㊁

石清水八幡宮を参拝して
男山(おとこやま)を
下ってます


1705221.jpg
山の藤が
風にゆれてる

昼は過ぎてるけれど
木々の中から
キレイなさえずりが聴こえます


1705220.jpg
名前はわかりませんが
白い花が咲いていた


1705222.jpg
ここにも


1705223.jpg


あでやかな朱色
サツキでしょうか

立札には
「鳩峯寮の庭」とあり

昭和36年の第二室戸台風で倒壊した
三の鳥居の石材を用いて
造られた庭とのこと


1705227.jpg
新緑が目に染みる

登りも下りも
参道は木々が豊か
濃淡の緑色で
乱視が治ったかもしれません


1705224.jpg
豊蔵坊跡(ほうぞうぼうあと)

石清水八幡宮は
もとは神仏習合の神社で
この石碑は僧侶のための宿坊が
ここにあったと示しているそうです


1705225.jpg
モデル竹林

美しい竹林には
精神を穏やかにする
そんなパワーがあるように思う


1705226.jpg
可憐な山野草です


「実 つまんだら飛ぶよ♪」

えっ?そうなんですか
おそるおそる指で触れたなら
ピヨヨーーーン!
って
はじけ飛ぶ飛ぶ

ビックラこきました(笑)

楽しい思い出


1705228.jpg
二の鳥居
です


1705229.jpg


一の鳥居

八幡宮の文字にも
鳩さんいます

八の字が
鳩さんなんです


17052210.jpg


すぐよこを
大谷川が流れてます

安居橋(あんごばし)をバックに
みんな記念撮影してました


17052211 (2)
コサギさんいました

水の流れがやさしいのでしょう
鏡になってます


17052212.jpg
コンパクトなのに
足は大きめですね


17052211.jpg


写真奥には
アオサギさんもいて

おおお
「探鳥会」ですよねぇ~~
うれしいっ!


お天気最高で
ほんとうに楽しい一日でした

幸せ気分で駅に向かいます
jubeさんは東へ
S吉さんと私は西へ


たくさんおしゃべりして
こんなにも
心から楽しいと思える時間は
久しぶりです

jubeさん
S吉さん
ありがとうございました


17052213.jpg
自宅にて

いっちゃんのたこ焼きです
さめても美味しい!
冷えたビールに合います

しあわせ

17052214.jpg
記念の
おみやげは


17052215.jpg


鳩さんの
おみくじ♪

我が家の
一番いい場所で
ニコっと
微笑んでくれてます


17052216.jpg
今日の日めくり
『想像力は知識よりも重要である』 アインシュタイン

小満

京都
石清水八幡宮 本堂


1.jpg


国宝 御本社
寛永十一年


書いてある木のたて札に
背筋がピシってきます


201705211.jpg


ここは
GWも人が少なくて
落ち着いて拝観することが出来ました

風がふいて
緑が多くて

神聖な場所なのですが
とても
心が
解放されるのを感じます


201705211 (2)
赤い色が
美しい


石清水八幡宮のウェブサイトより
拝借させていただいて

「御本殿から幣殿・舞殿・楼門と続き、
その周囲を約180mに及ぶ廻廊が囲む社殿の
建造物全てが丹漆塗で、御本殿を囲む瑞籬(みずがき)の
欄間彫刻をはじめ随所に当時の名工の極彩色彫刻が施された
極めて壮麗な社殿であり、平成28年2月9日に
本社10棟と附(つけたり)棟札3枚が国宝に指定されました。」

この鮮やかな色は
丹漆塗というのですね


201705217.jpg


楼門です
2017052110.jpg


「蟇股部分に
一対の向かい合う鳩の錺金具(かざりかなぐ)があり、
よく見ると向かって右側の鳩は少し口を開けています。
神使である鳩が
社殿の正面にて狛犬と同様に阿吽の呼吸で
御神前をお守りしています。 」


2017052111.jpg
たしかに
右の鳩さん
お口すこし開いてます


2017052112.jpg


右の狛犬さん お口開いてます
阿吽の呼吸ですね

こちらは
重要文化財 水若宮社
江戸前期

檜皮葺でしょうか
その屋根の上にある瓦が
それはもう
精巧な組み合わせで
私は感動しました


2017052113.jpg
こちらの石灯籠も
阿吽の呼吸

右の子 お口開いてます


201705213.jpg
極彩色の
欄間彫刻がきれいです


201705214.jpg
鳩さん
ですよね


201705215.jpg
尾が長いようです
鳳凰でしょうか


御本殿をかこむ瑞籬には
動植物の欄間彫刻が150点以上も
施されているそうです


その
ひとつひとつを
見てみたいですね


201705219.jpg
続きます


今日の日めくりは二十四節気
『光熱ともに旺盛となり、陽気天地に満ちる
と言う意味で小満と言う』